Recruit Information

事務職

より価値のある会社にしていきたい。

プラントエンジニアリングの仕事に興味を持ったことが入社のきっかけ。
私が糸川産業を知ったのは、合同説明会でした。そこでは、社長自らが企業説明を行っており、糸川産業という会社はもちろん、様々な工場の設備を手掛けるプラントエンジニアリングの仕事やものづくりへのこだわりや高い技術を詳しく教えていただきました。その話を聞き、私はプラントエンジニアリングの仕事に大きな興味を持ち、糸川産業で働きたいと思うようになりました。
また、努力する社員は高く評価する社風もはっきり感じることができ、この会社であれば、自分も大きく成長できると確信できたことも入社の大きな決め手になりました。
すべてのプロセスを手掛ける面白さ。
私は営業職として、工場を所有し製造を行っているお客様に対して、耐蝕性の高い当社の製品や機器、またそれらの製品を設置するための部品や機械、工事などのご提案を行っています。お客様の業務や設置場所などに合わせたオリジナルの製品を企画・見積り・設計・製造・工事・納入までのすべてプロセスに関わり、お客様に最適な製品やプラントをご提案していくことが私の仕事になっています。案件のスタートからゴールまで、私自身で手掛けていくことができるのは糸川産業ならではの魅力です。私のやりがいにもつながっていますよ。
また、糸川産業には耐蝕性の高いタンクの製造技術はもちろん、プラントエンジニアリングの技術もありますので、自分の知識や能力次第で、ビジネスを幅広く大きく展開することができる環境があります。知識や技術を学んでいく過程も、ビジネスの流れや展開を自分で作っていくことができるのも仕事の面白さの一つです。
糸川産業は、まだまだ小さなメーカーですが、一人ひとりがレベルアップを図り、人数や規模でなく仕事の精度で有名な会社にしていくことが今の目標です。永続的に社会や社員にとってより価値のある会社にしていきたいです。
就職活動中の皆さんへ。
就職活動中は様々なことを考えたり、悩むこともあるかもしれませんが、どの選択をするにせよ“良い面”“悪い面”の両方があり、「あの選択で良かったのか?」と後に考えることもあります。しかし、100%完全な判断など誰にもできません。自分自身を信じ、最後は直感で選択してみてください。その時点の判断が最善です。「あっちの方が良かった。」「他の選択肢にすれば良かった」と考える人は、どれを選択しても結局そう考える人です。
選択が正しかった、間違っていたと考えるよりもまずは、自分が選択した会社や仕事で、精一杯頑張ってみること。そんな姿勢に期待しています。

一日の仕事の流れ

出社
お客様からのメールをチェック。お問い合わせにはすぐに回答を返信します。
会議
受注した案件に対して設計部との打ち合わせ。お客様に最適はもちろん、安全に配慮した設計図を依頼します。
外出
午後からは、お客様のもとでの打ち合わせ。採寸を行い、ご提案する製品や機器をイメージします。
商談
タンクのお問い合わせがあった新規のお客様のもとへ。ビジネスを幅広く展開していくのも営業の面白さです。
図面のチェック
設計図の確認。コミュニケーションの良さも糸川産業の魅力の一つです。