Recruit Information

製造技術職

自分よりも大きな製品を手作業で作っていく面白さ。

ものづくりの面白さを充分に感じることができます。
私は学生の頃から社会を支える製品を作るメーカー企業で働きたいと考えていました。数あるメーカー企業の中で、私が糸川産業を選んだ理由は、精密機械・医療・化学など様々な業界に必要不可欠な設備やプラントを手掛けていること、そしてその製品のスケールの大きさはもちろん、それらの製品を自分たちの手で作り上げていく製法へのこだわりに大きな魅力を感じたからです。ものづくりの面白さややりがいを充分に感じることができる、そう考えたことが入社の決め手になりました。
お客様から信頼される技術者になっていきたい。
現在は、糸川産業の基幹工場である安富工場にて耐蝕性、耐候性、断熱性に優れた素材FRPタンクの製造に携わっています。タンク本体を作る積層業務や部品の取り付け・加工業務をはじめ、当社の製品を利用されている企業様に出向いてのタンクの補修や据え付け業務など、多種多様な業務が私の仕事となっています。
当社の製品は、化学や製薬など特に安全性が求められる分野で使われることが多く、小さな気の緩みが重大な失敗や事故につながっていきます。そのため、現場では常に細心の注意と責任感を持って仕事に取り組む必要がありますが、自分の背丈の何倍も大きな製品を手作業で作り上げていく仕事の面白さや完成時の達成感はとても大きなものがあります。糸川産業だから味わえるものづくりの醍醐味です。私はまだまだ経験が浅いため、製造や施工についても学ぶことが多い毎日ですが、今後も製造に関する様々な知識や技術を身に付けていき、先輩方のようにお客様から信頼される技術者になっていきたいです。
就職活動中の皆さんへ。
私は学生時代に情報科学を学んでいたこともあり、就職活動を始めた頃は、「学んだことを活かすこと」を軸に仕事を探していたように思います。しかし、学んだことに縛られずに就職活動を進めていくと、興味のある仕事ややりたい仕事がたくさんあることに気が付きました。ですので、現在就職活動中の皆さんには、大学時代の専攻に縛られず、多くの企業や業界に目を向けていただきたいと考えています。専攻よりも皆さん自身の特性や個性を活かすことができる仕事をしっかりイメージし、就職活動に臨んでいれば、私が糸川産業に出会ったように皆さんも自分にピッタリの会社に出会えるはずです。就職活動はつらい時期もありますが、諦めず頑張ってください。応援していますよ。

一日の仕事の流れ

出社~朝礼
元気な挨拶から一日がはじまります。本日の業務や連絡事項を確認し、業務に取り掛かります。
業務準備
タンクの原料となる樹脂や道具を準備。安全への配慮も忘れません。
積層業務
タンクの本体を作り上げていく積層業務。先輩とともに樹脂を重ねていきます。
加工・部品の取り付け
すべてが手作業なのも糸川産業のこだわりです。
本社と連絡
図面の確認は、本社・設計チームへ。連携をとりながらものづくりを進めていきます。