Recruit Information

営業職

一緒に達成感を味わうことができる仲間がいます。

高い技術力に会社の将来性を感じました。
私は事務職を志望していたのですが、合同説明会で糸川産業の営業職の方とお話しする機会があり、少しずつ営業にも興味を持つようになりました。その方は私と同じ女性でしたが、いきいきとした表情で仕事や会社の話をしてくださり、その表情や明るい雰囲気に魅かれたことが大きかったと思います。また、糸川産業は工場もたくさんあり、メーカーとして安定した経営を続けています。安定した環境で、私自身も営業職という新しいチャレンジをしてみたい、そう思ったことが入社の決め手になりましたね。
みんなの仕事に貢献できる人材になりたいです。
私は現在、営業職として関西・東海・北陸のお客様を担当しており、当社のFRPタンクをはじめとした設備やそれらを一貫して手掛けるプラントエンジニアリングの販売活動を行っています。本社のある大阪と各エリアとでは、少し距離がありますので、1週間は出張というかたちでそのエリアに滞在し、次の1週間は本社で事務処理を行うというのが私の営業スタイルになっています。
タンクやプラントの営業は、規模も金額も大きいため、営業してすぐに契約に結びつくことは少なく、長い月日をかけてお客様との信頼関係を築いていくことが大切です。時には、温めてきたタンクの導入計画がなくなってしまったり、受注できなかったりする場面もありますが、時間を掛け、苦労を乗り越えてきた分、ご契約をいただいた時は、とても大きな喜びを感じることができます。お客様の中には「樹脂のタンクでここまでできるんだ!」と驚いてくれる方もいらっしゃいますので、今後も知識や経験を重ね、一人でも多くのお客様に当社の製品の良さを知っていただくこと、そして、お客様の疑問やお困りごとに的確な回答ができる技術営業になっていけるよう頑張ります。
就職活動中の皆さんへ。
私は文系出身ということもあり、化学や電気関係の知識はもちろん、当社の主力製品であるFRPについても全く知らないままの入社でした。しかし、先輩方のご指導や日々の営業活動の甲斐もあり、少しずつですが、プラントや技術についての知識が身についてきているように思います。
まだまだ学ぶことも多いですが、糸川産業の仕事は、様々な業界やたくさんの人に出会うことができ、そして自分自身の成長も実感できる本当に良い仕事です。
その良い仕事に一緒に取り組んでいただける方、そして私たちと一緒に成長していただける方にお会いしたいです。

一日の仕事の流れ

出社~朝礼
お客様からのメールをチェック。今日一日の準備に取り掛かります。
業務開始
先週の出張でいただいた案件の資料や見積り書を作成。先輩にアドバイスをいただくことも。
昼食
午後からは、お客様への電話連絡や次回の出張のアポイントを取ります。
来客対応
設計部に相談していた図面の確認。分からないことは何でも相談できます。
買い物
翌週の出張に向けての準備。先輩に提案資料を確認していただき、出張に備えます。